人妻というタブーが最大の魅力

男性が人妻に魅力を感じるのは何故でしょうか?「人妻」という言葉の響き自体が魅力的で、エロティシズムを感じさせてくれるような気さえします。でも一体何故なんでしょう。

「人妻」という言葉の意味、それは文字通り人の妻であることです。人妻は自分のものではありません、それ以外の男性が自分のものにしていますし、このことは恋愛云々の優しい話ではなく法律的に確定しています。

当然、人妻の夫は妻を抱くことができて、それ以外の男性が抱くことはできません。もしも人妻である身の女性が他の男性と不倫していたという事実が発覚しようものならば、夫や周囲からの反感は必至で、そのことが即、離婚問題に発展する可能性さえあります。

男性の場合は、「不倫は文化」という名言(?)があるほどで、若干の浮気は「仕方がない」という風潮もありますが、女性の不倫は男性に比べて遥かに保守的で、一度ばれると修復は困難な場合が多いです。

そういう意味において、「人の妻を抱く」ということはタブーを犯す行為そのものであり、世の男性は一種の優越感を抱いたり、支配欲や征服欲を満たすことができるのではないでしょうか。

また、旦那や周囲に内緒でこっそり人妻を抱くというスリルも性的欲望を刺激する要因の一つともいえるでしょう。更に、相手の人妻が清楚系であればあるほど、その御法度な関係に対して興奮を掻き立てられるものです。

人妻というのは殆ど例外なく、実際はスケベで淫らなものです。普段から、世間体を気にし感情を抑えた生活を余儀なくされているので、心の中では男性以上にスケベな妄想をしています。「知らない男性に抱かれてみたい」「舐められたい」「激しく突かれてみたい」・・このような妄想は尽きることがないでしょう。

人妻の10人中3人が、実生活では完全にタブーなこのような妄想を実現するために、出会い系を通して秘密裏にセフレを探しています。そんな人妻との出会い方、それは広告活動が盛んな有名出会い系サイトを選んで使う。このことに尽きると思います。