三十路を過ぎた人妻の性欲が凄い

性欲って男性だけのものと思っている人いませんか?夕方になると悶々として落ち着かないとか、今出さないと落ち着かないとか、健康的な男性なら日常的に経験していることですが、実は女性にも性欲があり、更に男性のそれよりも強いとも言われるのですから驚きです。

一般的に男性は射精できるようになってから自慰を覚えることが殆どですが、女性の場合、子供のころからしていたという話もよく聞きます。通常、女性は男性よりも身体の成長が早いものですが、性に対する目覚めにも同じことが言えます。後に述べるホルモンの関係にもよりますが、女性は非常に性欲の強い生き物です。その女性が人生で最も性欲が強くなるのが30代、いわゆる三十路といわれる年代です。

なぜ、三十路を過ぎた女性は性欲が強いのでしょう。男性目線でみると「性欲が強い=よりエロイ」となるのでそのような女性は大歓迎です。晩婚化しているといわれる現在でも三十路ともなれば大体の女性は人妻になっています。「人妻=エロイ」というイメージも三十路を過ぎた女性の性欲と切っても切れない関係がありそうです。

まず三十路ともなれば女性は数多くの男性、もしくは特定の男性とでも数多くのセックス経験があるのが普通です。若い独身時代にはセックスの快感は男性ほどなく、それどころか挿入してアソコが痛くなる女性も多いので敬遠ぎみの女性が多いものですが、年齢を重ね何度もセックスを経験していくうちに身体が適応して段々と濡れやすくなり、男性のようにもっとセックスしたいと考えるようになります。

あるいは、色々なプレイを経験し性感帯が開発されていく中で「こんなに良いものなのだ」と気付く女性も多いことでしょう。しかし、若いうちにこれほどセックスに適応した身体ができあがる女性は稀です。それこそ援助交際や幅広い交友関係などで相当多くの男性経験を持つ女性でないと難しいでしょう。

多くの場合、男性経験を積み重ねたことによる気持ちの変化と身体の適応が合致し、性欲が最高潮になるのが三十路、いわゆる人妻の世代といえます。

三十路を過ぎた人妻はセックスに対して非常に寛容的で、ノーマル以上のアブノーマルなセックスさえも受け入れやすいといわれます。男性と枕を交わす回数を重ねて性に対する考え方や性感帯の増加がそうさせるのでしょう。三十路を過ぎた人妻は性欲が非常に強く、自己の性生活の向上に興味をもつ女性が多いのは紛れもない事実です。

ここで、性欲と密接な関係にあるホルモンの話をしましょう。男性も女性も、身体に男性ホルモンと女性ホルモンを一定量持っているのですが、このホルモンバランスが性欲に多大な影響を与えています。一概にはいえませんが、一般的に男性ホルモンが多いと性欲が強くなると言われています。女性が三十路を過ぎて体質が変化してきた時、この男性ホルモンの割合がこれまでと比べて大きく増加するため、それに伴って性欲が増大すると考えられます。

このように性欲が強くなった女性は、これまでの人生でずっと清楚系を貫き通してきた人でさえ、結婚して人妻となり三十路を過ぎてからは、出会い系でナンパ待ちしたり、定期のセフレを探すようになります。

もしもあなたに、学生時代に憧れて恋敗れた女性がいたとしても、三十路を過ぎて人妻になった後ならば、アタックして抱ける可能性位あるかもしれませんね。