人妻のフェラほどエロイものはない

人妻って、無我夢中でちんぽにしゃぶりついてくれますよね。若い子とエッチすると、「フェラ苦手やし」とか「うちフェラだめなんだよね」とか言われて、全くしてくれないか、してくれても短時間だけのことが多いものですが、人妻って基本的にセックスのプレイに関してはオープンなので、セックスの約束をして会ったのにフェラはなしという経験は、これまでの出会い系体験で一度もありません。

それどころか、かなり時間をかけて丁寧にフェラしてくれる事の方が圧倒的に多いです。若い子の場合、竿を咥えて上下運動すればそれで良いと思っているところがありますが、機械的にされるだけではあんまり気持ち良くありません。でも、人妻はどうやったら気持ち良いかを考えながらフェラしてくれるので、フェラ一つにも気持ちが入っていて若い子とはレベルが全然違います。

人妻は自分の技術によって男性が気持ち良くなっている姿を見て興奮したり満足するのだそうです。人妻のフェラのように、「これ気持ち良い?」とか「どこ舐められたい?」とか聞かれながらされると、それだけで興奮しますし、自分の一番舐めてほしいところを指定して舐めてもらうと、その分征服欲も満たされて尚更気持ち良く感じます。

人妻のフェラは、ただ単に竿に覆いかぶさって上下運動するだけではなく、玉舐めから始まって、竿を舌で舐めあげたり、先っぽをチロチロしたり、亀頭を咥えて舌を高速回転させたり、奥まで咥えてバキュームしてくれたりと、沢山の技術を駆使して頑張ってくれるのが最高です。フェラ初心者ともいえる経験の少ない若いだけの女性では到底真似できないでしょう。

人妻の多くが欲求不満だという話題を耳にすると思いますが、そのような人妻が常にセックスや挿入を望んでいるという意味ではありません。結局のところ、旦那に構ってもらえない寂しさそのものに不満があることが多く、性行為までいかなくても、車内で一緒に話すだけでも良いし、抱きしめてあげるだけでも人妻の満足度は全然違います。

自分のために時間を作ってくれたということ自体が人妻にとっては最高に嬉しいことなので、私の場合、車内で会話を楽しんだあとに「最後に一つだけお願い」と言って車内フェラをお願いすることもよくあります。大抵の人妻は、快く承諾してくれ、例え車内であっても丁寧で気持ちの良いフェラをしてくれます。

口内に射精した後に「最高に気持ち良かった」と言ってあげると、心の底から嬉しそうな表情をして喜んでくれるものです。人妻にとっては、フェラで男の人を満足させることができたという達成感を感じるのでしょう。女性は本当はフェラが嫌い等と論じる人もいますが、私自身は、人妻の多くは男性への奉仕の精神が強いと思っています。チャンスがあれば、迷わず「お願い」してみることをおすすめします。