メールからデートへ持っていく誘い方

出会い系サイトを利用している中で、女性から直接アドレスを聞き出す事が出来たら成功したも同然かもしれません。

出会い系サイトと聞くと、後ろめたい印象を持つ方も多いと思います。
しかし、出会い系サイトを利用する事で人妻はもちろん、女性達はスリルを感じると同時に罪悪感も抱いているのです。
そのため男性陣はこの女性の罪悪感を吹き飛ばすぐらいに楽しませてあげるように努力する事が必要です。

自分に好感を持ってくれると、相手の人妻や熟女も出会い系サイトにログインしてのやり取りが面倒になってくるものです。

直メを始める際は、そのようなタイミングで自分のアドレスを教えるのが好ましいです。それも、相手からアドレスを教えてもらうのではなく、あくまで自分から教えるのがコツですね。

しかし、何回も同じようにアドレスを教えても拒否してくるなら、その人妻はサクラか業者だと判断しても良いでしょう。

直接メールでやり取りが盛り上がってきたら、互い声も聞きたくなってくるので、そのタイミングで携帯番号もさりげなく教えるようにします。

おそらくですが相手の人妻から電話がかかって来るのではなく、向こうから携帯番号を教えてくる流れになると考えられます。人妻なので、浮気ばれを防ぐためにかけても良い時間も同時に送られてくるでしょう。

人妻、熟女であっても女性は基本的に受身なものですので、相手から携帯番号が送られてきたら迷わず電話してあげましょう。

それではメールを始めてから会うには一体どんな風に誘えば良いのかですが、ここでもタイミングが重要となります。

あくまで平均ですが3日から1週間程度、やり取りを行った後ぐらいが良いタイミングです。これより短いとせっかく狙っていた人妻に警戒されてしまうし、逆に長ければメールネタも尽きてきて熱が冷めやすいので注意してください。

誘い方についてですが、これに関しては初めから自分の要望言うのが良いでしょう。いつ、どんな形で会いたいと具体的に自分の思いを伝えるようにします。
人妻の場合は不倫になるので、場所や時間は重要で慎重に決めなければいけません。

自分の予定だけを言ってしまって申し訳なく思っている事、予定を相手に合わせる事も出来る事などを上手く説明するのも良いでしょう。

初めから相手の都合だけ聞いていてもアポを取る事なんて困難ですし、場合によっては不安にさせてしまう場合もある事を覚えておいて下さい。