ハッピーメールで会った清楚系人妻をセフレにした話

夏のある日、仕事のストレスが溜まっていたので、久々に出会い系ハッピーメールですぐにやれそうな人妻を探そうと考えていた。

別に10代の女の子と割り切りで会っても良かったのだが、人妻は、秘密厳守すれば大抵タダでやらせてくれるので、最近は特に20代前半までの人妻を探すようにしている。

この日は午前中で仕事が終了し午後から時間が空いたので、ハッピーメールの出会い掲示板を確認。ここは平日の日中は人妻の投稿が多いので入れ食い状態である。たった3、4通のメールをしただけで22歳人妻と会う約束ができた。

待ち合わせ場所は、車で20分程度の場所にあるドラッグストア。普段からガラガラの第2駐車場で待ち合わせしたので、到着後にサイトからメールで車種を伝えただけでスムーズに会うことができた。

助手席に乗った女は、色白で細身、清楚系の服装で白のワンピースがよく似合っていたが、この女が人妻なんだと思うとめちゃめちゃエロく感じた。顔は目鼻立ちが整っていたが美人というよりも可愛らしく、まだ幼さも残っていた。

そこから、車で30分位離れたラブホに向かった。夕方までの約3時間は時間があるということだったので、ホテルまでの道のりが往復1時間と考えても、2時間はイチャイチャしていられるという計算だった。

車内で女の話を色々聞いた。結婚してまだ半年、子供はいない。旦那とはあんまり上手くいってない。結婚したときに仕事を辞めたから毎日暇なのだという。旦那とのセックスは月2~3回だけどドキドキしないとか、たまに出会い系で知らない人に抱かれるのが好きとか、色んなことを言っていた。

到着したホテルはガレージ式。車から降りて、2階の部屋へ入室した。

女「シャワーどうしますか?」
俺「俺はどっちでもいいよ」
女「私もどっちでもいいですよ」
俺「別にいいなら、とりあえずやる?」

着いてすぐ過ぎるかなとも思ったが、服を脱いでベッドに寝た。女もワンピースのまま自分の横に寝たので、後ろから抱きしめながらワンピースのスカートの中に手を入れて細い足を撫でた。閉じた太ももの間に手を入れると汗で湿っていたが、撫でているとめちゃめちゃ柔らかくて気持ちよかった。

22歳の女はまだ幼い感じの童顔だったのでそのこともかなり興奮した。むせ返るような甘い香りはまだ10代じゃないかと思わせるほど良い匂いだった。キスも普通にしてくれて、舌も吸ってくれたしすぐに勃起してしまった。

しばらくイチャイチャしてから、女の尻に当たっていた勃起したチンポをフェラしてくれるようにお願いした。

その時に初めてワンピースを脱がせた。めちゃめちゃ細くて自分好みの体だった。抱きしめてCカップのおっぱいを揉んで吸いまくった。小さめの陥没乳首を吸ったり、指で刺激するたびに女が悶えた。

フェラも嫌がらずに長時間してくれた。たまに歯が当たって痛かったが、かなり上手で、竿をねっとり咥えたり、吸うように咥えたりと色々してくれた。玉舐めに時間をかけてくれて、あまりの気持ちよさにかなり声がでてしまった。

挿入は正常位だけだったが、外に出せば生でも良いと言ってくれたのでゴムは装着せず、生でチンポを挿入した。女は顔が幼く可愛いかったのでキスしながらの正常位は最高に気持ちよかった。いつも思うが、人妻とセックスするときに「この女には旦那や家庭がある」と考えるだけでも普段の何倍も興奮するのが不思議だ。

最後の方は、おもいっきり女を突いていたのでパンパンと音を出していた。女の「あんあん」と声を出し悶える姿がエロくて、夢中になって腰を振った。
正直中で果てたかったが流石にそこまではできず、発射寸前にチンポを出して女の腹の上に射精した。

射精後、女はチンポをもう少しだけしごいてくれてフェラで全部吸い取ってくれた。

俺「めちゃめちゃ気持ちよかったわ」
女「ほんと?私も気持ちよかったw」
俺「また会える?」
女「うん、平日の夕方までなら大抵大丈夫だと思う」
俺「じゃ、セフレってことで」
女「うん、いっぱいいるんじゃない?www」

女とはその場でセフレ契約。もちろん人妻は援交みたいに料金は発生しないので毎回タダマン。女は直メは旦那にばれるのが怖いからと、PC用のメールアドレスを教えてくれた。今でもこの女とは1~2ヶ月に1度位のペースで会っている。